2ntブログ

もすけブログ

ゲイイラストを中心に活動するもすけの本拠地。

≫ EDIT

書く場所を探す日々

自分というのはやはりというかなんというか。
SNSっていうのが向いてないなぁと思う。
だけど、日々のことを書き残していきたい気持ちはあるもんだから。
どっかに書きたいと思うんだけど、なかなかどうしてベストな場所が無いもんで。
このブログでも良いんだけど、いかんせんFC2じゃなくなってる(のかどうなのかもよくわからん)っぽくて、
ちょっと色々面倒くさいのだ。

ブログのお引越しみたいなのができれば良いんだけれど、
エロ絵を載せるためにアダルトコンテンツで始めてしまったのがこれまた面倒くさくて(笑)

いやはやまいったね。

文章メインで日々のことをダラダラと書き残していけるような。
そんな都合のいいコンテンツはどっかにないんだろうか?

うむむむ。

| 日記 | 07:52 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

母の事。家族の事。

2022年11月2日19時36分。
最愛の母が亡くなった。

大腸がんとの5年間の闘病生活は、最後の一年で激化。
同年2月から、僕の住むマンションに引き取り、10月まで一緒に生活するも、施設に入り一月ももたずに他界。

最後の一年は本当に怒涛だった。
母が来たことにより生活は変わって。
日に日にできることが減っていく母を誰よりも近くで見守った。
通院にもすべて付き添ったし、訪問介護にもすべて立ち会った。
本当に、本当に色々な場面で助けてあげられた。

なのに。
何回か優しくできなかった時のことが、呪いみたいにこびりついて消えない。
「ごめんね」の言葉を思い出すと、涙が止まらなくなる。

頑張らなくていい母に。
どうして色々頑張らせてしまったんだろう。
少しでも、良くなって欲しかったから。
減っていく体重を、少しでも増やしてあげたかったから。
歩けなくなる体が、少しでも回復すればって。

母が「早く楽になりたい」って言ったのは。
もしかしたら僕が無理させちゃったからかも、って。
ずっと後悔してる。

施設に入れたことも。
それが最善だったとしても。
心のどこかで、ホッとしてる自分が居たのが嫌だった。
毎日施設に通ったけど。
「帰らないで」って言われて、胸が締め付けられた。

動けない母が、1人で寂しく施設で過ごした時間は、どんな気持ちだったんだろう?
施設に入る数日前にやった、イラストしりとり。
施設に持って行ったノートに、一人でしてた。
寝たまま、ノートを持つのも、鉛筆を持つのも大変だったはずなのに。

施設の人に意地悪されてるって言ってた。
いつも、そんなの気にしない人なのに。
そこまで心が弱っていたんだと思う。

ごめんねって言わなきゃいけないのは僕だよ。
これを書いてる間も、涙が止まらなくて。
でもやっぱり、母のことは書いておかなきゃと思ったから。


色々書いたけどでも、母を施設に入れたことは悪い事ばかりじゃなくて。
色んな人に来てもらって写真も撮れた。母はいつもピースをしてくれて。
僕の家族はずっと、仲が悪くて。
母が癌になってもそれは変わらなくて。
でも、最後の数週間で、少しずつ話せるようになって。
最後の最後に、家族そろって写真を撮れて。
その時のピースが、母の最期のピースになって。

母と二人きりになった時に「俺と姉ちゃんが話してて、嬉しい?」って聞いたら頷いてた。

母が亡くなってもう七ヶ月になるけど。
毎日姉弟ラインで話すくらいにはちゃんと姉弟してる。
昨日も姉が作ったカレーを持ってきてくれた。
母さんが生きてる時に、母の日に圧力なべをプレゼントしたんだけど。
生前一度も使うことなく終わり(笑)
今年の母の日に実家に帰った時に、初めて使ってみて。
その圧力なべで作ったカレーみたいで。
凄く美味しかった。
驚くほど鶏むね肉が柔らかくなってて。
約20年話をしてこなかったとは思えないくらい。
本当に普通に話せるようになった。
次女と長女も、仲良くしてる所なんて見たことなかったのに。
今では普通に鬼滅の話とか、声優さんの話とかしてる。

…もっと早くこうなってればって、やっぱり思ってしまうけど。
でも、母のおかげでやっと姉弟仲良くできて。

母には本当に、感謝してもし足りない。
いつまでも世話のやける子供たちでごめんね。



いつか僕が死んで。
その時に母さんにいっぱい楽しい話できるように頑張る。
母が亡くなってから、そう決めた。
その時に一緒に「あの時は優しくできなくてごめんね」って言おう。
「まったくだよ」って怒られそうだけど。
今は怒って欲しくてしょうがないんだ。

ふと思うんだけど。
母が亡くなってからがきっと。
僕の人生の第二章が始まったんじゃないかなって。
それぐらいに、色々と変わった。

このブログも第二章として続けていけたら良いな。

| 日記 | 03:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あれから6年

おひさしぶりです、もすけです。

非公開にしていたブログを、再び公開したのは。
このブログってのは、僕だけじゃなくて皆で作ったブログだったから。
それを勝手に非公開にするってのは少し違うなと思って。
昔コメントをくれた人や、見に来てくれていた人が、何年かぶりに見て「懐かしいな」って思ってもらえたら嬉しい。

っていうか、最後の方の記事が病み過ぎてて恐ろしいけど。
あれもあれで僕だったんだと思うから、そのままにしてます。

当時は母の癌が発覚して、ステージ4で、5年生存がうんちゃらで凄く色んなことが重なって。
心がボロボロだったんだろうと思います。

今はもう、母は亡くなり、色々なことを経験して。
少しは強くなれてるだろうから。
あんな風になることはないんじゃないかと思います。

っていうかさ。
母との闘病期間こそ、ちゃんとブログとして残しておきたかったなっていう後悔があるよね。
悔やまれる。

ブログを更新していくかどうかはまだわからないけど、
とりあえず再公開した区切りとして記事を投下しておきます。

| 日記 | 13:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今までありがとうございました

しばらく、心を癒やそうと思います。
長い間本当にありがとうございました。
皆様が健康で幸せな毎日を過ごせることを心より祈ってます。

もすけ

| 日記 | 18:19 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

何を話そう

閉鎖まで残り1日になって。
書くことが何も思い浮かばない。
何を書いても誰にも理解されないような気がして。
書かなきゃいけないわけじゃないけど。
せめて今日と明日ぐらいは何か書きたいななんて。
人並みのセンチメンタルを抱えてるんだからおかしいよな。

人を羨ましがらないようにって。
そんな風に生きようとしたこともあったんだけど。
でもやっぱり。羨ましくなってしまって。
悔しくてたまらなくなってしまって。
誰とも話す気にもならなくて。

たぶんこのまま。
本当に一人になって。
そっと消えていくんじゃないかって気がしてる。

気を緩めると。
涙が溢れて止まらなくなる。
ぶっ壊れてるんだと思う。

胃が痛い。
気持ちが悪くて物も食べられない。
どうしたら良いのかも分からない。
このまま死んだとしてもかまわないけど。
職場に迷惑かける訳にはいかないよななんて思ってる内はまだ平気なんじゃないかって思う。

体重を増やそうって頑張ってた。
筋トレなんかもしたりして。
ばかみたいに。
くだらないね、どうしてこんなに惨めになるんだろう。
情けない。

もう誰にも自分のことを知られたくない。
恥ずかしくてたまらない。
こんなゴミみたいな人間がいるんだって。

結局最後の最後までこんな感じなんだろうかな。

| 日記 | 23:01 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT